風呂敷の包み方【瓶を包む】瓶包み

美しく

風呂敷の包み方で、おしゃれな姿を表現し、そのまま飾っておきたい美しさがあるのが瓶包みです。
包み方は持ち手があるものとないものがあります。

持ち手がないものは、瓶の細い部分に、蝶ネクタイのように結び目が左右に羽を広げた形になっていて、
バランスがよいのが特徴です。

大きくない瓶で抱えて持つぐらいの大きさのものが向いています。
風呂敷の中心より少しずらして瓶を置き、短いほうの角の上に被せるように長いほうの角を重ねます。

左右の角を前で交差させ後ろ側で真結びをし、羽を広げたように先を整えます。
持つようにするには、瓶を中心に置き、角を瓶の真上で一回結び、ねじって輪を作り
手が入る大きさにして真結びにします。

残った両端を後ろで交差させ正面で真結びにして形を整えます。
形の美しさを際立たせるために柄ゆきは大きいものよりは小さいものの方が向いています。

表と裏で色が違うものも結んだ際に色のコントラストが出てきれいです。
瓶を包む際の風呂敷はスルスル滑らない物を選びましょう。

きっちり