風呂敷の包み方【瓶を包む】瓶二本包み

鞄が持ち運びの主流になっている現代でも、割れやすいものや鞄の中で
あそびができて動いてしまうときは困ります。

割れないようにクッション材を巻いて後はごみになったりして困ってしまいます。
瓶のように割れやすいものであっても、逆に形を生かした包み方ができるのも風呂敷のよいところです。

瓶二本包みは、瓶どうしが当たって割れる心配がないうえに、持ちやすく美しい包み方です。
ワインや日本酒などなだらかな形で、大きさが同じものがきれいに仕上がります。

風呂敷をひし形状に広げ、中央にこぶし一つぐらいを空けて、左右の角に瓶の口を向けて一直線状に瓶を並べます。

手前の角を持ち奥に被せて、瓶を巻いていきます。
書き終わりの先が上になるように角を持ち内側に挟み込むようにして、両側から瓶を起こします。

両端を上で真結びにして形を整えます。
ワインボトルなら70cm弱の二巾サイズ、日本酒などの一升瓶ならば
104cmの三巾が丁度よいサイズです。

こんな使い方も!風呂敷で作るバッグ

風呂敷の使い道と言えば何かを包むということが真っ先に頭に浮かびますが、
包む以外にも用途は多岐にわたり、実は風呂敷ほど変幻自在の布はありません。

普段使いで楽しむなら、バッグにアレンジしてみてはいかがでしょうか。
まず風呂敷を三角に折り、左右の端を一つ結びにして、残りの端同士を真結びにすれば
シンプルなバッグの出来上がりです。

お出かけ用に口の開閉ができるようにしたいときは、裏面にして三角に折り、
左右の角を一つ結びにして同じ長さにします。

それを表面にひっくり返して先端を一回深く結び、さらに先端を真結びすれば貴重品も
持ち歩けるお出かけ用の出来上がりです。

結ぶだけでもいろいろな種類を楽しめるのですが、風呂敷を斜め半分に切り、
切った二枚を三角の長い辺が半分ずつ重なるようにして、中表に三角に
折って四枚一緒に底を縫い合わせ、表に返して三角になっているところを縫いとめれば
上部をきゅっと結ぶだけであずま袋が完成します。

しなやかなシルエットが上品ですよ。バッグの内袋としても使えます。

好みの風呂敷を探すなら専門店に行こう!

日本の風呂敷は世界的にも注目されており、大人気となっています。
用途はいろいろあり、カバンとして使ったり、ものを包んだり、スカーフにしたり、インテリアにしたりと様々です。

自分もお気に入りの風呂敷を購入したいと思う場合には専門店に行って買い物をすることが確実な方法です。
品質も良いものですし、種類も豊富にあります。

しかし、専門店に行こうと思っても近くにそのようなお店がない場合にはそのお店にまで
買い物に出かけるということはとても大変です。

多くの時間や移動費用がかかる事になります。
さらに忙しい生活をしていると買い物に出かける時間もなかなか取れないということもあります。

その点でインターネットを活用して風呂敷の専門店をリサーチしてみるというのは良い方法と言えます。
インターネットを利用すると良いお店を見つけることができますし、自分の欲しいと思える商品を
確実に見つけることができます。

店にまで行く手間が省けて良い品を購入できるのでおすすめです。