保険で補えないなら事故車の査定がおすすめ

事故に遭った場合保険が降りてきます。しかし、古い車の場合は降りてくる金額が低いという場合があります。
事故車を修理に出すのか廃車にするのかで悩む人は多いですが、この保険の金額で補えるかどうかによって判断するということは重要です。

損傷の度合いで修理の金額は変わってきますが、かなり損傷のひどい場合は修理代も相当なものになってきます。
それだけの修理費用を払ってまでも今後乗り続けたいかということをじっくり考えることが大切です。

古い車であまり長く乗る気がないのなら廃車にしてしまうということも良い選択です。
今では事故車の買取をしている業者はたくさんあるので、ネットで近くの業者を探すことをおすすめします。

依頼するとまずは査定から行ってもらえます。査定の金額に合意すれば事故車を買い取ってもらうことができます。
廃車するのに費用がかかるどころか買い取ってくれるという嬉しいサービスなので、これは覚えておくと非常に便利です。

事故車は査定後返品を要求されることも

事故車はその時は問題なく使用することができても、査定の際には大幅に金額がダウンしてしまうこともあります。

しかし、事故車というのは全てが一目見てわかるものではなく、中には事故車とわからないぐらいに綺麗に修理されているものもあります。

ところが、このような車というのは見た目の綺麗さは良くても、走らせて見るとまっすぐ走ることがないといった問題がある場合ものあり、見た目が綺麗な分だけ余計にたちが悪いということがあります。

このような車に乗っているときに、安定性が悪いためやはり売ってしまおうと査定を受ける人も多いことでしょうが、この際に事故車ではないと虚偽の申告をしていた場合、状況によっては後で返品を要求されてしまうこともあります。相手はプロですから、よほどのことでは事故を起こした車を見落とすことがありませんが、出張買取などではわかりにくい部分もあり、後になって発覚するということがあります。

この際に虚偽の申告をしていた場合には、返品の義務が生じることもあるため、嘘は言わないことが重要となります。

事故車の査定期間と保管料について

事故を起こした際、最優先されるのが人間への被害がないか、また、被害があった場合は医療機関への支払いが最優先されます。
そのため、事故車の査定については後回しになることが多く、その間の車両の保管料が問題となることがあります。

保管料は必要ない場合が多いですが、一部の販売店では日割りで請求されることもありますので確認が必要です。
事故車の保険会社による査定は週内に行われることが多いですが、土日祝日などは行われないことも多いようです。

事故車の査定では事故の相手がいれば相手との過失割合によって保証金額が決まってきます。
こちらに過失がなければ相手の保険で修復が行われますが、事故を起こしていない状態の査定額までとなるので注意が必要です。

年式が古い場合には特に保証が行われないことがあります。
その場合は、相手が保険ではなく、自己負担で修理費や、代わりの車を購入する事が多いようです。

保険の特約によってはそのような場合でも保証をすることも可能なので確認しておくとよいです。