ふろしきを活用するには丈夫で好みのものを探すこと

ふろしきは、レジ袋有料化に対応できる便利グッズとして使えます。

一見するとエコバッグなどの持ち手が付けられている方が便利ではと考えがちですが、1枚の布で全てを包むことができるので、あらゆる形状にマッチさせられる特徴があります。

包める形

ふろしきは風情もあり、歴史が長いアイテムなので和風の綺麗な柄が多く販売されていますが、レジ袋の代用品で使うには、まずは適切なふろしきを購入することが求められます。

お近くに販売店が無い場合は、今ではネット通販という便利なものがあるので、専門店のショップから丈夫で購入者好みの柄物や、レジ袋の代わりなので少し大きめで程良い厚みのあるタイプなどを選べば万全です。

品質の高いものであれば何度洗っても色落ちしにくい染め方を施しているものもあるので、1度の購入で長く使うことができます。

頻繁に買い物に出掛けることを行っている方に対しては、洗濯時に使い分けを行えるように、2枚以上のふろしきを購入すること、また、季節によって相応しい柄のものを集めてみる方法も普段の買い物を以前よりも楽しむことができるのではないでしょうか。

季節を感じながらも女性らしさを演出するアイテム、品格を感じ取るデザインのアイテムを使うことで、どこでも使える便利なおしゃれグッズにできます。

風呂敷をいつものお買い物で使うテクニックと活用法

レジ袋有料化により、新しい発想として風呂敷の活用法が広まっています。

古い時代から和装関連で使われてきた背景がありますが、レジ袋の代用品でも十分な効果を発揮できます。

レジ袋の代用

大きめのサイズのものを購入し、いつものお買い物で使う際には、お店側が用意するレジのカゴの中に予め風呂敷を広げておけば、店員さんはその中に購入した商品を入れてくれます。

その後は袋詰めを行う台まで移動をし、持ち帰りやすいように持ち手となど部分を結ぶテクニックで時短を行えるアイテムにできます。

持ち手となる部分の結び方にはコツがあるので、手持ち用として持ち歩く結び方以外にも、ショルダーとして肩に掛けて持ち帰る結び方があるので、どちらも事前に確認しておくと非常に便利に使えます。

作業台やレジカウンターなどで風呂敷を広げてしまうと、お店によっては周囲の方々に迷惑を掛けてしまう可能性は出てしまいます。

スーパーマーケットや百貨店、ホームセンターなどではカゴを使えば全く問題はありませんが、コンビニなど小面積のカウンターで使う際には、予め袋状になるように風呂敷を結んで置き、購入した商品はそのまま袋状の中に詰めていく方法であれば周囲に迷惑を掛けるどころかスマートなレジの通過を行えます。

風呂敷の購入を考えていませんか

レジ袋の有料化で、エコバッグを持ち歩く人が多いですが
洗いやすい方が良いこともあって風呂敷を購入する人がとても多くなっています。

小さく折り畳むことができますし、結び方によって
いろいろなものを包めますから、欲しいと思っている人が
多いかもしれません。

せっかく購入するならこだわりを持って選びたいとは思いませんか。

風呂敷と言えばちりめん生地を使っているものが良いかもしれません。
包みやすい生地ですから、レジ袋の代わりにとても使い勝手が良いと感じるはずです。

ちりめん素材

新しく購入するなら包みやすさのことまで考えて選んだ方が良いです。
しぼの凹凸によって色の深みや風合いが良いの、多くの人が愛用しています。

レジ袋代わりに使うのも良いですが、プレゼントを贈る際に使うのもおしゃれです。
いろいろなデザインがありますから、相手の人が気に入ってくれるデザインを選んでプレゼントを包むのも良いでしょう。

和柄だけではなく、洋風の柄もたくさんあります。
一枚どころかたくさん買いたくなるかもしれません。

まずは、どんな柄があるのかを見てみませんか。
通販サイトで手軽に購入することができますので、
これなら日本全国どこにいても購入できます。

自分らしいデザインにしたいなら

既製品も素敵な風呂敷が多々ありますが、
自分が欲しいと思うデザインがなかったり
自分で作ってみたいと思ったら京都のれんで作ってみませんか。

オリジナル風呂敷を1枚から作ることができますので、
自分用に作るのも楽しくて良いのかもしれません。

1枚だけ作りたいと思っている人にももちろんお勧めのサイトです。

日本製ですし、こだわりたい人に良いサービスです。
自分のお店などのロゴを入れるだけでも良いですし、
ベースカラーを変えるだけでも構いません。

サイトには実際にどのようなオリジナル風呂敷を作ったのか、
デザインを一覧で見られるページもあります。

商品一覧

これから注文しようと思っているのであれば、
こちらを参考にして考えると良いかもしれません。

オリジナル風呂敷は文字だけを入れることもできますし、
シンプルなデザインや鮮やかな色合いなどいろいろなことができます。和風にも洋風にもできますし、実際に注文すると良いかもしれません。

これまで風呂敷を全く作ったことがないけれど作ってみたい人は、一度相談してみてください。なんでも相談に乗ってくれます。

1枚から手軽に作れますので、興味があるのならば早速問い合わせてみてください。

こんな使い方も!風呂敷で作るバッグ

風呂敷の使い道と言えば何かを包むということが真っ先に頭に浮かびますが、
包む以外にも用途は多岐にわたり、実は風呂敷ほど変幻自在の布はありません。

普段使いで楽しむなら、バッグにアレンジしてみてはいかがでしょうか。
まず風呂敷を三角に折り、左右の端を一つ結びにして、残りの端同士を真結びに
すればシンプルなバッグの出来上がりです。

バッグになる

お出かけ用に口の開閉ができるようにしたいときは、裏面にして三角に折り、
左右の角を一つ結びにして同じ長さにします。

それを表面にひっくり返して先端を一回深く結び、さらに先端を真結びすれば
貴重品も持ち歩けるお出かけ用の出来上がりです。

便利

結ぶだけでもいろいろな種類を楽しめるのですが、風呂敷を斜め半分に切り、
切った二枚を三角の長い辺が半分ずつ重なるようにして、中表に三角に
折って四枚一緒に底を縫い合わせ、表に返して三角になっているところを
縫いとめれば上部をきゅっと結ぶだけであずま袋が完成します。

しなやかなシルエットが上品ですよ。バッグの内袋としても使えます。

風呂敷で作る取っ手付きのバッグ

小風呂敷(50cm)風呂敷を一枚持っていると荷物が増えたときに大変便利ですが、小紋柄や花柄など和柄・洋柄に合わせて、服装に合うおしゃれなバッグを作ることができます。

シンプルな服装には明るい柄、柄のある服装の時にはおとなしめの色柄など、特に着物を着たときに紙袋で代用するよりもおしゃれに装うことができます。

中のものがすぐ取り出せて便利な、取っ手付きのバックを作るには、
少し大きめの風呂敷が向いています。

風呂敷を広げて、四隅の角をそれぞれ少し長く端を
残して一つ結びにします。

リングバッグ

隣どうしの端を持ちやすい大きさの輪になるように
先を真結びにすると、簡単に2本の取っ手付きバックが出来上がります。

口まで結んでしまうタイプを作るには、裏向けにした風呂敷を三角形に折り、両端を一つ結びにして裏返し、荷物を入れた後、結んでないほうを一回深く結んで、手で持てるぐらいの輪を作り、ふたつの先を真結びにすると一つの取っ手付きバッグができあがります。