風呂敷で作る取っ手付きのバッグ

風呂敷風呂敷を一枚持っていると荷物が増えたときに大変便利ですが、小紋柄や花柄など和柄・洋柄に合わせて、服装に合うおしゃれなバッグを作ることができます。

シンプルな服装には明るい柄、柄のある服装の時にはおとなしめの色柄など、特に着物を着たときに紙袋で代用するよりもおしゃれに装うことができます。

中のものがすぐ取り出せて便利な、取っ手付きのバックを作るには、
少し大きめの風呂敷が向いています。

風呂敷を広げて、四隅の角をそれぞれ少し長く端を
残して一つ結びにします。

リングバッグ

隣どうしの端を持ちやすい大きさの輪になるように
先を真結びにすると、簡単に2本の取っ手付きバックが出来上がります。

口まで結んでしまうタイプを作るには、裏向けにした風呂敷を三角形に折り、両端を一つ結びにして裏返し、荷物を入れた後、結んでないほうを一回深く結んで、手で持てるぐらいの輪を作り、ふたつの先を真結びにすると一つの取っ手付きバッグができあがります。