こんな使い方も!風呂敷で作るバッグ

風呂敷の使い道と言えば何かを包むということが真っ先に頭に浮かびますが、
包む以外にも用途は多岐にわたり、実は風呂敷ほど変幻自在の布はありません。

普段使いで楽しむなら、バッグにアレンジしてみてはいかがでしょうか。
まず風呂敷を三角に折り、左右の端を一つ結びにして、残りの端同士を真結びにすれば
シンプルなバッグの出来上がりです。

万能

お出かけ用に口の開閉ができるようにしたいときは、裏面にして三角に折り、
左右の角を一つ結びにして同じ長さにします。

それを表面にひっくり返して先端を一回深く結び、さらに先端を真結びすれば貴重品も
持ち歩けるお出かけ用の出来上がりです。

便利に

結ぶだけでもいろいろな種類を楽しめるのですが、風呂敷を斜め半分に切り、
切った二枚を三角の長い辺が半分ずつ重なるようにして、中表に三角に
折って四枚一緒に底を縫い合わせ、表に返して三角になっているところを縫いとめれば
上部をきゅっと結ぶだけであずま袋が完成します。

しなやかなシルエットが上品ですよ。バッグの内袋としても使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)